不動産事業 Realestate

あなたの特別な
不動産のために!

株式会社131は賃貸・売買・管理を手がける不動産会社です。
会社の歴史は新しいものの、全国各地のネットワークを駆使して、全ての方のクライアントのニーズに応えます。
社員一同、たくさんのご相談をお待ちしています。

不動産会社とは

不動産会社が行う業務は、大きく分けると不動産売買(収益)業と不動産賃貸業、不動産管理業の3つがあります。
不動産取引業は、不動産会社が物件の売買を中心とした取引を仲介または販売の代理や事業主として直接売主となり契約に関わります。取引形態によってさまざまなパターンがありますが、販売代理や取引仲介といった場合は売主と買主の間に立ち、仲介手数料や契約料といった部分が不動産会社の売上となります。
またデベロッパーやハウスメーカーなど、不動産会社が事業主として企画・販売する場合は土地の確保から行います。新築マンションの場合はデベロッパー、新築一戸建ての場合はハウスメーカーとして販売に関わる場合が多いようです。販売金額が不動産会社の売上となります。

不動産管理業とは、分譲マンションや賃貸物件についての管理を主に行っています。住宅の修繕や家賃の受け取り、退去時の立ち会いなどが業務内容としてイメージしやすいでしょうか。仲介業者は貸主と借主を結びつけることで収益を得ていますが、管理業者はマンションの清掃や水道管トラブルの修理手配などを行うことで管理費として収益を得ています。

不動産賃貸業は、部屋をはじめ土地や建物・駐車場・オフィスなどを賃貸して賃料を得る事業を指します。
総務省の「平成18年事業所・企業統計調査報告」によると、不動産賃貸業は不動産業のなかで事業所数が約7割、従業員数が約5割と最も多くの割合を占めており、ビジネスとして非常に領域が広いといえるでしょう。なかでも賃貸マンションなど居住するための賃貸物件を借りるといった一般的な場合にも、自社で保有する物件を賃貸に出している場合から数社で物件の情報を共有している場合までいくつかのパターンがあり、不動産会社としても同じ家賃・諸条件で契約した場合に得られる利益が異なります。
賃貸不動産においては、この違いを理解しておくことで担当者が物件を優先してお薦めする違いの理解につながりますので、その背景を知っておくことが大切です。

お部屋を探している方はこちら

私たちの
不動産売買・収益業務

  • アパート
    マンション

  • 駐車場
    トランクルーム

  • ソーラー
    パネル

  • 店舗
    老人ホーム

  • 借地

  • 売却

「いつの時代でもメリット・デメリットがあります」例えば、不動産価格が高騰しているときは、比較的好条件での融資が受けやすい時期です。逆に不動産価格が下落しているときは、比較的融資の条件が悪くなる時期です。従って、不動産価格が高騰しているから不動産に参入すべきではない、ということでもありません。適切に時代背景を理解し、その時代に応じて不動産経営をはじめられることが大事です。

土地活用コンサルタント×不動産会社コンサルチーム

大切に守り抜いた資産を、家族の未来のために活用しませんか?長期の安定事業の為に、企画から完成までをサポートしてくれるコンサルティング会社。最近では、様々な業種・業態においてのコンサルティング会社が増えています。
ここでは、一般的な不動産賃貸経営コンサルティング関係会社の説明をします。賃貸経営のアドバイスや企画提案をおこなうには、不動産や賃貸経営から税務関係などの多様な知識や経験がないと、良い企画立案・指南をすることは難しいのが現状です。
つまりコンサルタントの力量により不動産賃貸経営における大きな収益の差が出てしまいます。

コンサルティング会社の
主な業務内容

  • 土地活用方法

  • 設計者建築業者
    管理業者の選択

  • 事業資金の調達

  • 事業収支

  • 賃貸経営管理全般

  • 不動産賃貸経営に
    関わる税務

土地の有効活用は
どうしたらいい?

資産の目的別分類
  • 収益性を上げる収支の改善により
    向上することができる

  • 相続対策収益性向上をおこなうこと
    により対策になる

POINTまずは本当に活用すべき資産か、何を目的に活用するのかを把握しましょう。

有効活用の目的
  • 利用する資産利用し収益をあげるための資産

  • 残すべき資産自宅や事業のために守る資産

  • 保管資産万が一のために備える資産

  • ゆとり資産貸地や遊休地を活用する資産

有効活用にあたっての悩み
  • 相続税がどれくらいかかるか

  • 土地、不動産の有効活用をいつ、
    何から始めるべきなのか

  • 将来、遺産分割で
    揉めるのではないか

  • 固定資産税などの保有コストは
    どうなのか

有効活用の目的がはっきりしたら実際に検討してみましょう!

  • 第1段階
    目的を明確に

  • 第2段階
    手段の選択

  • 第3段階
    緻密な設計

  • 第4段階
    経営観点での
    検討

  • 第5段階
    運営方法

幅広い不動産事業を
サポートしています

  • 収益物件

    ミドルリスクミドルリターン

    収益物件の利益には、主に売却益(キャピタルゲイン)と、賃料収入(インカムゲイン)が存在します。本来はこの2つの収入を合わせて損益を確定することが望ましいと言えます。まずキャピタルゲインに関していえば、不動産は流動性が低い為、株式のように一気に値段が下がる可能性は少ないと言えます。またインカムゲインに関していえば、条件を良くしても全く借り手がつかない物件は少ないといえるため、大きなリスクを負う事は稀です。
    そのうえで、不動産オーナーとなってサラリーマンを引退される方もいらっしゃるぐらいのリターンが見込めます。

    レバレッジをきかせることができる

    不動産投資の魅力の一つは、融資を受けられるために、レバレッジ(てこ)を利かせることができるというものです。例えば物件価格の10%の自己資金で、10%の利回りが出る不動産を購入し、それを運用していけば、支払った自己資金は1年で得ることができます。(ローンの返済や税金・経費等があるので実際の自己資金の回収は数年必要です。)要するに自己資金の10倍の資産を使って戦えるということになるのです。これがいわゆるレバレッジ効果です。

  • 土地活用

    賃貸住宅経営

    充実のバックアップシステムで、安定した収入をオーナー様へ。131不動産は、賃貸住宅の企画から設計、資金計画、収支計画までをトータルでサポート。
    オーナー様に安定した収入を見込んでいただくためのバックアップシステムをご用意しています。

    定期借地権土地活用

    土地を貸すだけで安定収入を確保。新時代の土地活用法です。新時代の土地活用法。土地を貸すだけで、安定収入や、有利な税務対策を図れます。定期借地権とは、土地に定期借地権を設定し、賃貸期間を満了したら、土地は必ずオーナーのもとに返還されるというものです。

  • 不動産賃貸

    エリアや物件の種別・大小を問わず、バランスのとれたポートフォリオの構築をはかりながら、投資リスクのマネジメントや、将来の開発用地の確保等を考慮した物件の取得を行っています。
    また、利回りと資産価値のバランスにも配慮し、幅広く物件情報を収集した中から、最もすぐれた物件をチョイスしています。また、賃料の増収や稼働率の向上をテーマとして、退去者の立会い業務や原状回復工事、リノベーション工事、補修工事などを行っています。

お部屋を探している方はこちら

私たちの
不動産管理業務

  • 入居者の管理

    管理会社へ業務委託するメリットの1つは入居者の管理と言えます。
    水漏れが起こった、お湯が出ないといった設備のトラブルや、隣の部屋がうるさいといったクレームなど、管理会社は入居者からの連絡窓口になってくれます。こうした入居者からの苦情・要望は、対応が遅れると新たなクレームを生み出してしまいます。クレームは一次対応が大切ですから、賃貸管理のプロである管理会社に対応してもらうと安心です。これは、入居者に長く住んでもらうこと(=長く家賃収入を得る)にも繋がります。入居者側からしても、トラブルの対処に慣れている管理会社が連絡先になっている方が安心できるというメリットがあります。

  • 建物の管理

    (1)日常的な清掃、その他のメンテナンス

    住まいを貸す場合には、貸主が清掃などの建物の管理を行う必要はほとんどありません。
    ただし、それ以外の賃貸アパートなどでは、清掃や電球の交換などの日常的な業務を行う必要があります。
    不動産会社に建物管理を委託していない場合は、貸主が自らこれらの業務を行います。

    (2)室内の修繕や設備その他の修理

    入居中に設備に不備が生じたり、壊れたりした場合には、できるだけ早く対処する必要があります。
    また、借り主の退去時のクリーニングや修繕も必要となりますので、あらかじめ工事等を依頼する業者を整理しておきましょう。
    分譲マンションであれば、設備ごとに修理を依頼する業者が決まっていることもありますので、賃貸する前に管理組合や管理会社へ確認して、連絡先などが分かるようにしておきましょう。なお、入居者管理や建物管理を委託している場合には、不動産会社が対応します。

    (3)室内のリフォームや設備の更新、建物の修繕など

    長期的に賃貸する場合には、建物や設備の老朽化への対応も必要です。特に、住宅設備などは、耐用年数を過ぎると故障が増えたりする可能性があります。
    また、設備の仕様が陳腐化することにより賃料が下がることもあるので、定期的に更新することも検討しておくことが大事です。
    定期的な交換に当たっては長期的な修繕計画を立てておくとよいでしょう。